子ども発達障がい支援アドバイザーの受験資格について

この記事では、子ども発達障がい支援アドバイザーの講座受講資格、認定試験の受験資格について解説します。

一見、誰でも受講可能であるため見落とされがちですが、子ども発達障がい支援アドバイザーの認定資格を得るためには受験資格があるので、しっかり把握しておきましょう。

子ども発達障がい支援アドバイザー受験資格①ユーキャンでの講座受講!!

そもそもの話になりますが、子ども発達障がい支援アドバイザーの認定を得るためには

ユーキャンでの講座受講が必要!!

です。

簿記やFPなどでは、ユーキャンの講座受講は必須ではなく、市販のテキストや問題集で学習して、試験を受けられます。

が、子ども発達障がい支援アドバイザーは講座受講が必須なので、この点は注意してください。

子ども発達障がい支援アドバイザー講座は誰でも受講可能!!

ユーキャンで、子ども発達障がい支援アドバイザー講座を受講するための条件・資格はありません。

ユーキャンのサイトに行き、講座を申し込んで払い込みを行えば誰でも受講可能です。

アドバイザー講座の課題を提出した受講生のみが、認定試験を受験できる!

そして、1番見落とされがちな認定試験の受験資格は…

講座の課題提出者

です!!

業界で働いている等、すでに知識が充分な方であっても、講座内容の学習を飛ばして資格だけ得ることはできません!!

講座受講者には、仕事や家事・育児でお忙しい方も多いかと思われますが、

課題をこなす必要があることを前提に、

計画的に学習期間を確保する必要があります。

まとめ

子ども発達障がい支援アドバイザーの講座受講資格や認定試験の受験資格について、あれこれ解説してみました。

他の資格試験と異なり、認定試験の試験日は自分で決められますので、あまり恐れることなくまずは学習してみましょう!!

普通に受講して学習すれば、認定資格はしっかり得られると思いますよ!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。